【幼馴染Love】小森みっこ先生著「僕に花のメランコリー」5・6

Melancholy5,6 「僕に花のメランコリー」

こんにちは!ようこそ!僕に花のメランコリーに激ハマり中です!

ネタバレ有り。
読んだことない方でもなるべく流れがわかるように書きたいと思っているのですが、勢い重視なので読んでいないと意味がわからないかも!?

7巻・8巻の感想はこちら

3巻・4巻の感想はこちら

今回もノリノリで書いて行きたいと思います!

5巻「誕生日おめでとう」

前回の終わりは花と弓弦の想いが通じ合った自然なキス☆だったので、さぁ2人はどうなるんだ!?とワクワクで読み始めました^ ^

いきなり弓弦がナンパされてるやーん!と思ったけど、まったくナンパが心に響かない弓弦が見られて面白かった笑

弓弦のバイト先の女性同僚たちは、みんな大人ないい人達なんだね。良かったー!

クリスマスの雰囲気に反抗するように、冒頭からずっとなんか「闇」を纏ってた弓弦ですが、花に呼び出されてバイト前に会うことに。

花はバイト終わりに食べて欲しいと、スープジャーに入れた豚汁とおにぎりを手渡しました。

闇を纏った弓弦にも、花は気にせずガンガンいつも通りに笑顔で食べ物を貢ぐのでこっちも安心します!

バイト終わりに、花の温かい豚汁を飲んでやっと気持ちがほぐれる弓弦。

笑顔で『…あったけ…』ですよ!ひゃー!!この笑顔のためなら頑張れる(?)!

そして花へのクリスマスプレゼントを買っちゃう弓弦!なんか1人で盛り上がってる!?

商売上手な店員さんのお陰で無事にプレゼントのネックレスを変えた弓弦は、花へ電話する!

この『…もしもし 俺だけど』の顔ー!!
嬉しくて、こそばゆくて、緊張して…な可愛い顔ー!!!花に見せてあげたかった笑

しかし、ちょ、ルカ!?なんかルカが弓弦に電話かけてるんだけど!?

運良く弓弦が通話中だったから繋がらなかったけど…

やばい、ルカが出てくるぞー!!!!

こりゃルカのせいで花が泣く展開が待ち構えてるぞー!!!


夜の公園?で花と待ち合わせ。花の好きなアップルティーを買っておくとか、弓弦って気が利く子ね〜。

クリスマス一緒に過ごそうって言えない弓弦は、なんとも不器用そうに『…おまえ どうすんだよ』『…クリスマス おまえどこ行きたいんだよ』て言ったー!でもあっさり先約あってフラれたー!!

まぁ思えば、一応2人は恋人同士ではナイので、恋人同士のイベントであるクリスマスをどう過ごすかなんて、花から話を振れるわけないですもんね。予定があるって、わざわざ弓弦に言わないかな…?

拗ねた弓弦!でもやっぱり花のが一枚上手で、26日の弓弦の誕生日をどう過ごすかサプライズを考えてたとー!あっさり弓弦の機嫌治ったー!!

なんやかんやで、2人で25日の夜から夜行バスであの田舎へ行くことに。

26日の0時ピッタリに誕生日おめでとうが言えることが嬉しいと、花。かわゆ!

『…いいんじゃねえの それで』と言われた時の花の可愛い顔!!この顔されて抱きしめないでいられる弓弦、よく耐えてる!

少し時間が飛んで、花と今のお母さんが2人でショッピング。とても良い関係を築けているのが分かって安心!

嵐もいい友達でいてくれてるし、穏やかにクリスマス当日を迎えられそう…?

いや、んなわけない。

嵐が『(花ちゃんのこと)…大事にしろよー?』て言ってるのが、よくないことが起こる暗示!?


花の家の、幸せなクリスマスパーティー。光くんは本当に可愛いな!

刻々と時が過ぎ、弓弦と花がそれぞれバスターミナルへと向かいます。
弓弦と出かけることが楽しみで、とても嬉しそうな花。

しかし嫌な予感。ルカから弓弦への電話。

ルカよ、ここで出てくるのか…。4巻で全く出てこなかったから、このままフェードアウトしてくれたらと思ってたのに…

ルカが嫌っている父親が余命幾ばくもないと病院から連絡を受けて、母親もあてにならず弓弦に電話したみたいだけど…。

なんか弓弦に対して父親への気持ちを語ってますけど、もう本当にルカには悪いけど、ルカの父親への気持ちとか本当にどうでもいいと思ってしまいましたよね…。なんで弓弦に電話したの?

ひとり。ひとりは可哀想。だから弓弦はルカの元へ行ってしまったけど。

想像力が足りてないよ、弓弦。今、花もひとりだよ。

ルカの母親が病院に来たので、自分は帰ることにした弓弦。

去り際の弓弦に『誕生日おめでとう』を言い出すときのルカの顔を見て、さらに憎さが増してしまうよ。なに恋する女の子の顔してんのよ。余裕あるなぁ!

でもその言葉はルカの思いとは裏腹に、弓弦には響かず。
むしろ『一番最初におめでとうって言えますね』と嬉しそうにしていた花を思い出す弓弦。

走ってバス乗り場へ行ったけれど花の姿は無く、電話をかけても繋がらない。

1人でバスに乗っていた花。すごいな…私なら乗らずに帰るな…。

花の心の内の言葉、ほんと素晴らしいから何度も読んだ!!

この気持ちの流れ方、繊細さ、嘘がなくて、語感もよくて、本当に素晴らしいなって!


頑張れ、花。頑張れ、弓弦!

ルカもお疲れ様!もう出番終了ですよね!??

6巻「…ごめん あの時 ひとりにして」

さあ、絶対に仲直りしてくれよ…と祈る気持ちで読み始め。

大雪のせいで道が通行止めになり、バスが元の場所へ引き返すことに。
とぼとぼと降りてくる花…。みじめな気持ちになるよね。可哀想。。。

待っていた弓弦の姿をみて少し嬉しくなるけど、弓弦が…。

まず謝れよ弓弦ー!!!!!!本当に分かってないー!!!!!!

花を泣かせてしまう弓弦。『私は弓弦くんのなに…?』と精一杯の言葉を伝えます。

そこに花パパ登場で会話打ち切り。

パパが来てくれて助かったと思うよ。たぶんこの時の弓弦じゃあ、花が納得することは言えなかったと思うから。

嵐からの『花ちゃんにいつまで甘えてんだよ』『いつまでも追いかけてきてもらえると思うなよ』という、その通りー!!!な活。ありがとう嵐。

そして冬休みが終わり。またしても嵐からのありがたいお言葉『大事な事 忘れんな』ですよ。

ねぇ、嵐くんも何かあったの?こんなに大人になっちゃって…。それとも元からこういう子?超イケメンじゃん…。


学校で偶然会えた花に声をかける弓弦。『話したい』と、がんばった!

けど光くんがお熱になって急な幼稚園からの呼び出し。
花と一緒に弓弦も光くんを迎えにいくけど、弓弦兄・未来の登場で弓弦はあまり役に立てず。

花が弓弦と目を合わせないことから、弓弦も「それだけのことをしたんだ」と思い知るわけで…。

そうだ、それだけのことをしたんだぞ。

翌日、再び話がしたいと花に詰め寄る弓弦。だけど花は

『私が弓弦くんに出来ない様に 私が何をしても 誰と会おうと 弓弦くんにも 止められる権利なんてないです』

つまり、あなたと私は幼馴染なだけなんだからー!てことですかね。

なんか難しいなあ。幼馴染〜(ため息)。
花が弓弦のことを好きなのはずーっと分かってたことだけど、それを「恋している」っていう表現はしていないのがこの漫画のポイントですよね。そして、花は弓弦と恋人になりたいって思ってるわけじゃないというか。「恋人」って言葉も、花が本当に望む2人の形からしたら軽くなってしまうというか。まして「付き合ってる」とか、もうペラッペラですわ!?

じゃあ、どうしたらいいん?ってね。


花が未来の元へ食べ物を届けにいくのを「あてつけ」だと独り言ちる弓弦。当たり〜。

それならいっそ、花のことを諦めようかと思うけど、花が他の男と一緒にいることを想像すると、居てもたってもいられなくなりダッシュ!!急げ弓弦!!

一方花は、未来の正しいお説教を聞いておりました。まじ人格者…。

おかげで花の気持ちも少し整い、息を乱して走ってきた弓弦に手を取られて歩き出します。

ちょっと喧嘩になりかけた2人、散らつきだした雪を見てクリスマスのことを思い出し、涙が滲んでしまう花。可哀想。

しかし…そこからの弓弦の言葉は、とても綺麗なものでしたね!

弓弦が花を想う気持ち。花のためにあの田舎へ、雪を見せてやりたかったと素直に言えて。

渡せなかったクリスマスプレゼントのネックレスを渡して

『…ごめん あの時 ひとりにして』と謝ります。その顔ーーー!!

いつもの「闇」をまとってる顔じゃないんですよこれが!血の通った顔!

『花 おまえが好きだ』で頭抱え込み抱きしめー!!

弓弦って花のことちゃんと好きだったんだ!!!良かった!!!

雨と雪に打たれて濡れてしまったので、弓弦の家へと行く2人。

弓弦からプレゼントされたネックレスを鏡で見て、喜び、弓弦からの告白を反芻してきゅううんとなる花。

ホットミルク用意してくれちゃったり、隣に座るよう促されたりと、優しい弓弦に意地をはる花。

花のつんけんした物言いにも怒らず、バイトまで休もうとしてさ…。そゆこと出来るんじゃん弓弦…。

でも嬉しいのに可愛くないこと言っちゃう花!

…を押し倒して、全部察しろなんて無理だ、『悪いな …わかんねぇよ』の弓弦の顔!

可愛すぎー!!!花だって、弓弦がこの顔を見せてくれたなら、弓弦が可愛くて可愛くて、意地張ってたこと謝れますよねー!

相手の情けない姿(本心を言ってる姿)を見ないと、こっちも折れられないですよね!

『…好きですよ 弓弦くん』と自然と言える花。

まぁちょっとここで花が屁をこいていい雰囲気が終わるんですけど、その後のアホなやりとりからの

ギシッ…

ですよ。

この擬音は漫画界の発明のひとつですなあ。

ソファの上で、花に覆い被さりキスをする弓弦。

『…だめですよ』とそっと押しのける花の、その姿が扇情的なんですけど!

花を愛でるのが止まらない弓弦。

弓弦の熱を帯びた眼差し!!

ダメと思いつつやめられなくて抵抗しない花!

やっちゃってないのにすごいエロいんですけど!!

しかし弓弦が、花のブラのホックを外したところで発熱によりまさかのダウン!

弓弦がふと目を覚ますと、花がご飯を作ってくれている音が聞こえてホッとする弓弦。可愛い。

一緒にたくさん楽しいことをしよう、と可愛い花からの提案。弓弦を陽の世界へ導きし女神。

合鍵渡しちゃう弓弦。それを喜ぶ花をみて嬉しい弓弦。かわいすぎかー

弓弦の家からの去り際に、花から不意打ちのほっぺちゅー!

ノックダウンされてソファにうつぶせる弓弦。くはー

あーほんと。2人が「好き」という気持ちを与え合える関係になれて、良かった!

花のワガママなんてワガママと言えないくらいの可愛いもんなんだから、これからはたくさん聞いてあげてたくさん甘やかしてあげてください!!!

続きはこちら

タイトルとURLをコピーしました