夕のぞむ先生著「青春シンデレラ」最高なのでひたすら感想を述べる

青春シンデレラ 「青春シンデレラ」

出会ったこちらの少女漫画。

かなりわたしの萌えを刺激してきたので感想を書きます!

ネタバレありで書きますので、作品未読で気にされる方はお読みにならない方が無難です。

しかしこちらの漫画はアプリで無料で読めるので、少女漫画好きな方はぜひ読んでみてください!

そう、マンガMeeで無料で読める!

スマホアプリ「マンガMee」オリジナルの作品。

こんなにレベルの高い少女漫画が、紙雑誌でなくこのアプリでのみ読めるってすごすぎる。

キャラクター愛せる度・絵のうまさ・ストーリー展開のどれも良くて!

当然、マーガレットとかの雑誌で連載している漫画なのだろうと思って、先を読むには単行本を買えばいいのか!雑誌を買えばいいのか!とネット検索したところマンガMeeオリジナルで公開されてる以上はどこでも読めない。。。

毎週木曜日の更新を楽しみにしたいと思います!!

夕先生、更新を楽しみにしてます!!

大人になった今感じる。良い子の恋愛は見ていて楽しい。

さて、さっそく感想ですけども!

アラフォーに足を突っ込むわたしは、20年前と今とでは確実に少女漫画から得るドキドキの種類が変わってきているんですけども、大人になった今だから感じる萌えもあるんだなぁと改めて思いました。

かつての少女漫画の楽しみ方は、ヒロインに「うまくいってほしいー!」「がんばれー!」みたいに恋愛成就自体を応援していましたが

この頃は

どうやって彼女と彼はくっつくんだろう?さぁときめかせてくれ、刺激をください!!

っていう、漫画のキャラクターに対して、より傍観が強くなってきてるわけです。

そんな傍観者であるわたしに対して、今作のヒロインである紫苑とヒーローである長谷川くんが漫画の世界を飛び越えて胸キュンを与えてきたからさぁ大変ー!

まず見出しの通り、25話までの時点でこの漫画は良い子しか出てきません!

アラフォーにもなると、悪役キャラが出てきて小賢しいことして場をかき乱すことを数多読んできたのです。飽き飽きです。

そういう展開に出くわすたびに「これは、こういう展開を人生初めて読む若い子のために必要な文化の保存!」と思って耐えてきました(言い過ぎ)。

で、ほんと、みんな良い子。

ヒロインの紫苑は、地味子時代を受け入れて、努力して綺麗になっただけですごいのに加えてもともとの性格も良い。中身は27歳の仕事できる大人で、そのさばさば感が女子高生になってからの口調にもたまに出てくるところも萌え。

ヒーロの長谷川くんは、女子にキャーキャー言われるキャラクターではないように描かれているけどもモテ男。飄々とした雰囲気を身にまとい、友達は普通にいる。そして見た目で人を判断しないという現実ではとても稀有なお方。

ヒロインの親友・美月は、ちょっと悪役ポジションになりかけてすぐ帰ってきた子。18話「美月の本音」5ページからを読んで、『そう思っちゃうことは仕方ないよ!分かるよ!』て思いましたよおばさんは。性格悪くなんかない!そして紫苑の「今の話の どのへんが性格悪いの」っていうのもいいんですよね。そう、大人なら分かる!性格悪くなんかない(2度目)!

もっと細かく、萌えたポイント

1話

まずカラー表紙ー!!後ろから抱きしめてるの長谷川くんでしょ!?口元の感じとか、必死にこの場に繋ぎとめようとしている感じがして、切なくなる; ;

そして最終ページ、満を持して長谷川くんのお顔で1ページ。涼やかな目元しやがって!格好いい!こういう冷めてる系の男の子が、女の子を大事にするやつ大好物です!!

2話

8ページ、新生・紫苑登場!美しいー!美月が気づかないのに長谷川くんは分かってるの良き。

そして13ページ、目を見て「もともと可愛いほうだろ」はやばいでしょー。これを見て、あぁこういう男子ね。はいはいわたしの好きなやつね。って思いましたね。

20ページの掃除時間の回想シーン。今となっては、紫苑と長谷川くんがお互いに「良いな・好きだな」となったタイミングは同じだったと分かるわけですね!萌え。

3話・4話

ここはそのまま読んでも可愛いんですけど、長谷川くんも美月のことを「気になってる・好きかも」と思っていると分かって読むとさらに別の角度からキュンキュンきますね。

7話

紫苑は思い切りのいい子ですね。まじで飛び降りるとは。ギリギリでキャッチするグッジョブな長谷川くん。7ページから「……夢じゃない 現実」っていうところの一連のセリフですが、深読みしてしまって『長谷川くんも同じようにタイムスリップしてきてて、同じように夢か?イヤ違うと思ったことがあったのでは。中身大人では。』と思いましたが、違いましたね。咄嗟でもこういうことが言える子でした。

9ページ。頰をつぶされてる紫苑可愛いし、つぶしてくるその手は大好きな長谷川くんの手で、目の前には真剣な表情の長谷川くんがいて。キュン。

10話

2ページ。ここの長谷川くんの表情みて、さらに中身大人説をわたしの中で強める。思わせぶりな顔ー!

7ページ。「……いーよ」の、この……の長さ!!座席交換を持ちかけられた時に、瞬時に美月の作戦が読めたんでしょうね長谷川くんは。で、まんまとそれに乗っかるのも癪だなという気持ちもあるけれども(過去はそれもあって断ったのかな)、それよりも紫苑の隣の席にいきたい気持ちが勝るという!

10ページの「……へー」で、あれ長谷川くん傷ついちゃった?ておばさんちょっと心配しましたが、それがアホらしいほど2人ラブついてます。ありがとう。12ページみたいにからかうの、嫌いじゃない。

11話以降は次の記事で

タイトルとURLをコピーしました