ハニーレモンソーダ/49話 あらすじ&感想【ネタバレ】

honey49wa 「ハニーレモンソーダ」

少女漫画雑誌『りぼん』にて連載中!

村田真優先生の『ハニーレモンソーダ』

49話(13巻収録)のあらすじ&ネタバレ感想です!

あらすじ

文化祭まで一週間を切りました。


今日も忙しく働いている羽花の耳に、ハチミツに宙が来ている!という声が聞こえてきます。

先日(前話)、宙と不思議な雰囲気になりましたが、宙は「お兄ちゃんスイッチが入った!」と言って去っていきました。

まだ出会って一ヶ月、会ったのは数回。なのに距離が近くなる速度の速さに戸惑っている羽花。


看板描きを終え、クラスや生徒会のピンチを次々救う働き者の羽花は、生徒会の特別補佐に任じられてさらに大忙し。


ふと廊下で出会った界から『忙しそうだな』と声をかけられて少し立ち話。

界が負けたらイヤでしょ?というあゆみの問いに『勝ち負けは 私は全然』と答えると、『…そう』と答えて去っていく界。


ミスコン出場者の芹奈と華原が、私服での写真撮影をしています。羽花はそれを支える裏方として奮闘。その姿を「華の中に紛れたネズミ」と揶揄する人もいたりして。


ミスターコン出場者の写真撮影では宙が撮られていましたが、笑顔がない宙。

すると『滝沢くん!』と羽花の声がし、たくさんのイチゴの風船が教室内に舞いました。

羽花がイチゴ風船の一つを宙に手渡しながら『可愛い』と微笑むと、またも羽花の髪に触れる宙。

羽花はその手を掴んで止め「お兄ちゃんだもんね、髪もっとちゃんとまとめるね」と言うと


『違う』

『可愛いと思ったら手が勝手に触った』

『オレは羽花のことが好きだ』

『オレは羽花と付き合いたい』


宙からまさかの告白!

騒然とするその場にいた生徒たち。


ちょうど宙の告白を聞いていた界は、つい笑ってしまいます。

その様子から「宙が羽花を好き」ということを界は知っていた!?と察する周囲。

『返事は文化祭の日に聞くね』と宙が言うと

『というわけだから よろしく 石森さん』と言う界。


「界と宙は、羽花を賭けてミスターコンに出場する!」と分かった周囲が大絶叫。中には泡ふいて倒れる宙ファンも…。まさかの事態に赤面して絶句の羽花。


一方、廊下で界と2人きりになった宙は、約束を破って告白をしたことを謝ります。

『うん いいよ』と許す界でしたが、もうひとつの『界がいないとこで髪触った』という謝罪には『うん それは駄目だわ』とお怒りです。


状況が飲み込めないまま作業していた羽花のもとに

『勝ち負けはどうでもいいんだっけ』と界が現れます。

羽花が『勝ってください』と言うと

羽花の髪をさらりと撫でながら一言、『見てろ』

感想

羽花が宙を意識してるよ〜。

他の子のヘアセットはやるのに、羽花のはやらないっていうのも、その意味を羽花は分かってしまってるよね。


めっちゃ仕事のできる羽花すてき!動きやすく汚れてOKなジャージで過ごすところも好きだよ。他の子にゃー真似できないわよ良い意味で!

『勝ち負けは 私は全然』に対して『…』『そう』っていう界さー!ここどう思ったのかなー!まだ宙が羽花のことを好きだって気付いてないなって思ったのかな。


またしても髪を触ってきた宙の手首を掴んで制する羽花、かっこいー。

界が掴んだのか?と思わせといての羽花自身だったっていう。NOが言える女かっこいー。


『羽花と付き合いたい』っても〜〜まっすぐ野郎ですわ〜〜(ため息)。

宙の暴走発言に呆然と聞き入る周りの感じがゾクゾクする笑

『はぁ!!?』てなって界の方見ちゃう友人の気持ちわかる〜〜笑


ここでスッと羽花の隣にきてくれる芹那と華原が嬉しいね。羽花を守ってくれてるみたいに見える。

んで並んでみて思うけど、羽花の可愛さはまったくこの2人に引けを取らない!


『というわけだから よろしく 石森さん』で羽花を挟むイケメン2人。

この構図最高ですーーーーー!!!

1人の女子を取り合う男子2人(超イケメン)。ってことを周り全員が理解する!!

さすがの羽花も理解する!

界はそのためにミスターコンに参加するのかーーーー!てみんなが思うわけね。

前話で『(羽花は)全然関係なかったな』って言った野郎、わかったかこのやろう。


この後、告白はいいけど、髪さわるのは駄目っていうお怒り界が最高。

なんでも報告すりゃ許されると思ってんのか宙くん!


最後、去り際に羽花の落ちてきた髪を触るのさ〜宙に触られて悔しいからでしょ〜〜もう〜〜〜(言葉にならない)


もっとハニレモの感想を読みたい方はこちら❤️
(「ハニレモまとめ」に飛びます)

タイトルとURLをコピーしました