【室内遊び】大人がストレスを感じたらラジオがおすすめ【おうち遊び】

ストレスを感じたらラジオをおすすめする理由 その他

室内遊び中はラジオをつけるのがオススメ!

現在2歳の息子との室内遊びでは、この方法が自分のストレスを減らす良い方法だと感じています。参考になりそうと思われる方は、ぜひ読んでみてください^ ^

子どもと室内遊びをするのは好きですか?

『自宅で、子どもと2人きりでおうち遊びをするのしんどい!』と思うことありませんか?

しんどい!と思うのは、あなたが「子どもと真面目に遊んであげよう」と思う方だからだと思うんです。良い親御さんです。

だけど、ちゃんと子どもと遊んであげたいと思っていても、小さい子ども相手だと一緒に遊ぶというより子どもの遊びに「付き合ってあげる」というのがほとんどで、ストレスが溜まっていきませんか?

ちゃんと遊ばなくちゃと思うけど、頭の中では「今夜のおかず何にしよう」「スーパー行きたいけど何時に出かけられるかな」「あの書類書いてポストに出さなきゃ」とか、育児以外のやらなくてはいけないことが頭の中をぐるぐるして、今それらの事ができないことにイライラしたり。

ひとりで遊んでてくれたら楽なのに…と思ってしまいませんか。

ちなみに、わたしは「お店屋さんごっこ」をしている時に疲れを感じてしまいます。

息子は2歳0ヶ月頃から「ごっこ遊び」をするようになりました。子どもの世界が広がってきて、外の世界で見たことに興味を持って真似している姿はとてもとても可愛いです!

“いらっしゃいませって言ってる!”
“お客さんと店員さんを区別できてる!”
“最後にお会計する事をわかってる!”

などなど、感激することばかりです。

しかし、彼なりのルールでストーリーが始まるので、言いなりになりながらのごっこ遊びは正〜直、退屈やストレスを感じてしまうことがあります。

また、ごっこ遊びの途中で唐突にひとり遊びタイムになることがあります。といっても数秒か数分で終わるのですが、その自由さに振り回されて疲れます。真面目にごっこ遊びに付き合おうと思ってても、ひとり遊びが始まったら中断なので、なんだかごっこ遊びを本気でやると精神的に疲れるな…ずっとひとり遊びしてて…と思ってしまうんです。

そして、なんか室内遊びって、時間が経つのがめちゃくちゃ遅く感じませんか?

できるだけ外出し散歩や公園に行くようにしていますが、雨の日や子どもが外に出たがらない日はおうちで遊ぶしかありません。

ラジオをつけながら子どもと遊ぶようにした

子どもと遊ぶことで、子どもの成長に気付き、幸せや喜び、励ましを感じているのはもちろんです!でもストレスや退屈を感じてしまうのも事実です。

そこで、ラジオをつけてみました。

スマホをスピーカーに繋げて、radikoで聴いています。
radikoは雑音が無いし、タイムフリーで聴きたい番組を後から聴けるのも良いです^ ^

深夜ラジオにはまっていた時期があるので、元々ラジオの面白さは知っていました。

ラジオはパーソナリティーと視聴者との距離感が近いのがいいんですよね。普段テレビに出ている芸能人でも、ラジオだと素を見せてくれる感じがします。映画やドラマの裏話も、テレビよりもラジオの方が長くしっかり語ってくれるので、とても満足感があります。

映像がなく音声だけなのに、ラジオって面白いんですよ。

ラジオの効果。テレビや音楽との違い。

ラジオ、すごくいいです!
頭の中が『子どもとの遊び8:ラジオ2』くらいになって、遊びに退屈を感じた時には脳みそをラジオの方に切り替えながら過ごしています。

子どもとの遊びが「ながら作業」になってしまうのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、ラジオに集中しすぎなければ大丈夫でしょう。

それに子どもって、自分がやっていることを見ていて欲しい!って気持ちが強いですよね。ラジオなら、目は常に子どもの方を見ていられるので、子どもは満足感を十分に得られていると思います。

そう、目は常に子どもの方を見ていられるというところが、テレビとの違いです。
テレビは、BGM代わりにつけたつもりでも、ちょっと気になることが始まるとつい画面を見てしまいませんか?うちの子は「僕の方を見ていない!」と分かるや、テレビの主電源を切ります^ ^;

それにテレビを点けっぱなしにしていると「長時間子どもにテレビを見せるのは良くないのでは」と心配になったりしますよね。でもテレビの場合で心配されるような悪影響も、ラジオならありませんよね!ちなみに子どもはラジオの音を全く気にせずに遊んでいます。

音楽を流すのもいいと思います!
でもわたしは、手持ちの音楽を流すのも毎日のことだとちょっと飽きてしまって。ラジオなら音楽も時事問題もエンタメもなんでも聴けるからいいなっと思うのです。

自分のストレスを減らすことも考えよう

毎日の家事も、音楽やラジオを聴きながらしたり、歌を歌いながらやると「家事への面倒くささ」をあまり感じなくなると思いませんか?

わたしは夕ご飯の洗い物をする時間を、iPadで動画を見る時間にあてています。そうすると、頭の中は「洗い物4:動画6」くらいになって、「洗い物面倒くさいな」と考えることも無いうちに洗い物が終わっています!今日も動画見られて楽しかったーって気持ちの方が残ります^ ^

子育てを「面倒くさい」や「やりたくない」こととは思いませんが、そういう気持ちになってしまう時があるのは仕方ないと思いませんか!?いつでも気力・体力十分です!とはいきません…。

子どもが大切です。だからいろいろ頑張っていて、ストレスを感じることもあるわけです。そのストレスをどうにかやり過ごしながら、この子育ての時期を楽しく乗り越えていきたいと思います。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!
一緒に頑張りましょう〜^ ^

タイトルとURLをコピーしました